特集 :  全国のお肉屋さん紹介

 全肉連は、「食肉小売機能高度化推進事業(小売機能高度化の推進)」で、全国の食肉専門小売店で食肉加工製造や惣菜等の商品開発などで経営強化に成功している事例を取りまとめました。引き続き、多くの事例を紹介してまいります。

≪掲載店舗一覧≫

黒沼畜産株式会社 山形牛くろぬま

 創業から65年、家畜商として「山形牛」を関東・関西へ出荷することから始まり、その後、枝肉卸・小売店も併設。現在はショッピングセンター内で小売り中心に営業している。 『おいしいお肉とお客様のうれしい笑顔を大切に』をモットーに、「山形牛」を中心に、牛・豚・鶏とともに「味わいのあるお肉」を吟味して仕入れ販売している。中でも特に焼肉コーナーを充実させ、牛カルビ3種類、ホルモン系は13種類以上を販売。豚肉は庄内産等、鶏肉は岩手県産・五穀味鶏。その他、会津馬刺しは冷凍真空パックの状態で販売。 加工品は自社原材料を使い、ロースハム・生ハム風のスモークカスラー・フレンチハム・直火燻製ベーコン・牛豚ミンチを使ったビーフ&ポークソーセージの5種類。惣菜・仕出しは旧店舗を加工場として活用し、毎朝40種類の品を運んでいる。 目玉商品は、50年以上前から販売していた豚肉の味噌漬けを、昔ながらの味を引き継ぎつつ、現代風にアレンジして一枚一枚を真空パックした「匠の豚みそ漬け」。ギフトや引出物等に好評を得ている。 「特に販促はしていないですよ」とのことなので、地元のお客様の口コミで広がったと言えるだろう。しかし地元と言っても山形から庄内・鶴岡をつなぐバイパスとなっている国道112号線に沿った店舗は、寒河江市・天童・山辺町・大江町とどこからでも交通の便が良く、お客様の商圏は広範囲にわたる。 三代目社長が共同で設立した「王様の焼肉くろぬま」は現在県内3店で営業。メディアにも多く取り上げられ、若者からご家族連れのお客様まで、好評を得ている。

黒沼畜産株式会社

山形牛 くろぬま
代表 黒沼 望
山形県東村山郡中山町長崎3030-67
TEL 023(662)3133
FAX 023(662)3516



店舗写真

●立地・沿革
 フルーツライン左沢線羽前長崎駅より徒歩10分。
国道112号線沿い、ショッピングプラザライズ内。駐車場多数有り。


●.店舗の沿革・歴史
 創業は昭和20年。終戦後、創業者黒沼 建氏が家畜商を営む。
昭和23年、株式会社設立。牛枝肉卸売・ 小売業始める。
昭和63年、二代目黒沼良介氏、(株)ショッ ピングプラザライズ設立、
理事長就任、同所 に本店を移転。
平成19年、三代目黒沼 望氏、代表取締役社長就任



●主な客層・販路
 年齢層は20代〜70代。
男女別では女性客80%、男性客20%。
職業別では専業主婦35%、勤め人60%、学生・飲食店5%。
店頭売り約90%、配送・納め約10%。



●品揃え
生鮮牛肉は山形牛など15アイテム。生鮮
豚肉庄内産・山形県産15アイテム。生鮮
鶏肉は五穀味鶏・岩手県産10アイテム。
その他会津馬刺し。
自家製ソーセージ、桜いぶし等5アイテム。
惣菜等約40アイテム。


●販促PR等
 「匠の豚みそ漬け」
50年以上前から販売を続けていた物を、三代目社長がリニューアル。
全国味噌品評会で「現代の名工」に選ばれた醸造所の味噌と地元産の米
で作った地酒「ひまわり娘」等を独自にブレンド。厳選した国産の豚肩 ロースを漬け込み、一枚一枚真空パックして包装。



店舗内・商品画像


≪ 店舗図 ≫

店舗図


≪ 地図 ≫

アクセス・地図

  • 社団法人 全国食肉学校 〜新鮮力で即戦力、食肉のプロを養成します。
  • 一般財団法人 畜産環境整備機構
  • 新時代の食肉流通拠点・情報発信基地! 公益財団法人日本食肉流通センター
  • 公益財団法人日本食肉消費総合センターは、食肉に対しての正しい情報をお伝えいたします。
  • 一般社団法人 食肉科学技術研究所(食肉科研)は、食肉・食肉製品などの検査・研究機関です。
  • 栃木で「和豚もちぶた」を取り扱う関口肉店公式サイト
  • 社団法人 日本食肉協会  関連情報はこちら
  • 全国食肉公正取引協議会 「適正表示ステッカー」を掲示している店舗は、正しい表示をしている信頼できる店舗です。
  • 広告募集中
  • 広告募集中
  • 広告募集中
  • 広告募集中
 ALL JAPAN MEAT INDUSTRY CO-OPERATIVE ASSOCIATIONS.全国食肉事業協同組合連合会

サイトマップ サイトポリシー お問い合わせ ホーム

東京都港区赤坂6-13-16アジミックビル8F / TEL 03 (3582) 1241( 代)