特集 :  全国のお肉屋さん紹介

 全肉連は、「食肉小売機能高度化推進事業(小売機能高度化の推進)」で、全国の食肉専門小売店で食肉加工製造や惣菜等の商品開発などで経営強化に成功している事例を取りまとめました。引き続き、多くの事例を紹介してまいります。

≪掲載店舗一覧≫

有限会社 肉工房いいだ

 先代が個人商店として創業してから60年。「おいしいお肉はここ!!」と地元のお客様から支持されている。 宮崎牛などを中心に黒毛和牛・国産牛、麦豚、三河赤鶏を取扱う。特に麦豚は牛に匹敵する味として評判が高く、売上の上位を占めている。黒毛和牛や麦豚はお客様のニーズに対応して、オーダーカットの注文が多い。 牛肉は独自の「切り落としスタイル」という恰好で販売。以前はスライスしてパックで並べていたが、それだと単価が少し高くなる。例えばロースの切りはじめと切り終わりには幅がでるので、最初から一本をズバッと「切り落としスタイル」という恰好で切ることで手間もかからないし歩留まりも良くなった。お客様の負担を考えた上で、100g単価を抑えて好きなだけ買ってもらう。「切り落としスタイル」でどれだけでもいいですよという形にしてから牛肉が以前より売れるようになった。 昔はこの辺も繁華街だったが徐々にさびれ、南に大型店が出店して否応なしに中心地が遷っていった。大きいスーパーも増え、10年前に比べればダメージは大きい。だからこそ常にお客様と共に新しい商品を考え、販売していく。対面販売だからできる弁当づくりや、夕方からは弁当や惣菜に値引きを入れて販売している。 客層は主婦以外に男性や市外の常連客も多い。極端にいうと90%以上が常連客で、お客様の年齢層は高い。地元の年配のお客様は値段では買わない。ある程度いい値をつけても量ではなくいいものが売れる。 お肉の「安心・安全」は当たり前の事。食に対する責任をもって、正直な商売を続けていく。これは昔からのスタイルで60年前から変わらない。




有限会社 肉工房いいだ
代表 飯田 伸児
愛知県岡崎市井田町字池田48あおいマート
TEL 0564(21)4096
FAX 0564(21)4096

店舗写真

●立地・沿革
名鉄バス岡崎・井田町バス停から徒歩1分。
生鮮食品スーパーあおいマート内。バス通り に面した店舗(あおいマート)には駐車場有


●.店舗の沿革・歴史
創業者の飯田節也氏が昭和25年に牛とくを開店し、平成2年に有限会社とする。そして 平成9年、代表取締役に飯田伸児氏を選任。
社名を有限会社肉工房いいだとし、現在に至る。


●主な客層・販路
地域に大型店や商店街が少なく、周辺の住民全てが客層である。
年齢層では20代から80代まで、男女別比も女性6割、男性4割。職業別では専業主婦3割、勤め人6割、その他1割となっている。



●品揃え
生鮮牛肉は宮崎牛など約20品、生鮮豚肉は麦豚を中心に約30品、生鮮鶏肉は
三河赤鶏など約20品。
ハムソーセージ類は各メーカー約50品程。
自家製惣菜は季節によって変わるが、自家製どて焼きや手造りハンバーグなど約30品とバラエティに富んでいる。


●販促PR等
先代秘伝の味を伝承した「どて焼き」(国産豚、大腸・小腸のみ使用)や、麦豚と国産牛の合挽(麦豚30%・国産牛70%)の手造りハンバーグは、注文も含め即日完売。



店舗内・商品画像


≪ 店舗図 ≫

店舗図


≪ 地図 ≫

アクセス・地図

  • 社団法人 全国食肉学校 〜新鮮力で即戦力、食肉のプロを養成します。
  • 一般財団法人 畜産環境整備機構
  • 新時代の食肉流通拠点・情報発信基地! 公益財団法人日本食肉流通センター
  • 公益財団法人日本食肉消費総合センターは、食肉に対しての正しい情報をお伝えいたします。
  • 一般社団法人 食肉科学技術研究所(食肉科研)は、食肉・食肉製品などの検査・研究機関です。
  • 栃木で「和豚もちぶた」を取り扱う関口肉店公式サイト
  • 社団法人 日本食肉協会  関連情報はこちら
  • 全国食肉公正取引協議会 「適正表示ステッカー」を掲示している店舗は、正しい表示をしている信頼できる店舗です。
  • 広告募集中
  • 広告募集中
  • 広告募集中
  • 広告募集中
 ALL JAPAN MEAT INDUSTRY CO-OPERATIVE ASSOCIATIONS.全国食肉事業協同組合連合会

サイトマップ サイトポリシー お問い合わせ ホーム

東京都港区赤坂6-13-16アジミックビル8F / TEL 03 (3582) 1241( 代)