特集 :  全国のお肉屋さん紹介

 全肉連は、「食肉小売機能高度化推進事業(小売機能高度化の推進)」で、全国の食肉専門小売店で食肉加工製造や惣菜等の商品開発などで経営強化に成功している事例を取りまとめました。引き続き、多くの事例を紹介してまいります。

≪掲載店舗一覧≫

ミート・デリカショップ にしだ

 北九州の市場は、木造住宅の街並みに溶け込んでいる場合が少なくない。小倉北区到津、板櫃川のそばの到津市場もそんな市場のひとつ。 「ミート・デリカショップにしだ」は、昭和14年創業以来、戦前戦後を通して同じ場所・同じ建物で、国産和牛・県産豚肉・鶏肉などを厳選し販売。惣菜類は毎日新鮮な品作りにこだわり、主に季節の野菜などを使って製造。来店のお客様に安全・安心を心がけ販売している。 付近には大手スーパーが4件あり、それらができてからは客足が落ちたそうだ。それには「手作り趣向」を全面に出して行くことで対抗している。 特にテレビでも紹介されたお弁当は、趣向を凝らした豊富なメニューが大人気。女性向けのメニューも好評だ。1日約80〜120個を販売する。ほぼ毎日同じお客様から注文を受けているという。 「スーパーは交雑種が多いので、うちは和牛一本で。お客様も和牛は味が違うし、口にしっとりくると言ってくれる。鶏は銘柄鶏の華味鶏と博多一番どり。豚は、黒豚など」。また、「今は核家族化が進み、精肉より毎日のおかずとして惣菜の方がよく売れる。創業以来、惣菜は化学調味料を一切使わず、薄味にこだわり、醤油や酢も創業以来変えていない。一番よい物を使って、素材の味を活かすやり方でやってきている」と代表の西田氏。 かつては、賑わいのあった北九州でも有数の市場。時代の流れとともに客足は遠退き、空き店舗も目立つようになった。創業から74年長い年月、地元に愛され続けている。まだまだ家庭の台所をあずかる主婦の強い味方である。



ミート・デリカショップ にしだ
代表 西田 優
福岡県北九州市小倉北区下到津4-11-6
TEL 093(561)2190
FAX 093(561)2173

店舗写真

●立地・沿革
山陽新幹線小倉駅より西鉄バス15分、 下到津バス停からすぐ。
到津市場内。

●.店舗の沿革・歴史
昭和14年、西田貞夫氏が創業。
昭和59年、西田優氏に名義変更。

●主な客層・販路
年齢層は30代〜70代。
男女別では女性客95%、男性客5%で圧倒的に女性が多い。
職業別では専業主婦30%、勤め人60%、 学生・飲食店10%。
販路は店頭売り約70%、配達・納めが約 30%となっている。
対面・計量販売。



●品揃え
生鮮牛肉は宮崎、鹿児島県産和牛を中心に12アイテム、生鮮豚肉は県産黒豚を中心に12アイテム、生鮮鶏肉が華味鶏や博多一番どりなど14アイテム、ハム・ソーセージ類は各メーカー10アイテム、自家製惣菜はコロッケ・焼豚・餃子・ハンバーグなど40アイテム。
売上数上位3品は1位 惣菜類、2位 牛切落とし、3位 豚肩ロースとなっている。


●販促PR等
自家製炭火焼き焼豚・ハンバーグ・ 黒豚入り餃子・コロッケなど、手造 りにこだわっている。
特に日替弁当は1日80〜120個平均の売れ行き。



店舗内・商品画像


≪ 店舗図 ≫

店舗図


≪ 地図 ≫

アクセス・地図

  • 社団法人 全国食肉学校 〜新鮮力で即戦力、食肉のプロを養成します。
  • 一般財団法人 畜産環境整備機構
  • 新時代の食肉流通拠点・情報発信基地! 公益財団法人日本食肉流通センター
  • 公益財団法人日本食肉消費総合センターは、食肉に対しての正しい情報をお伝えいたします。
  • 一般社団法人 食肉科学技術研究所(食肉科研)は、食肉・食肉製品などの検査・研究機関です。
  • 栃木で「和豚もちぶた」を取り扱う関口肉店公式サイト
  • 社団法人 日本食肉協会  関連情報はこちら
  • 全国食肉公正取引協議会 「適正表示ステッカー」を掲示している店舗は、正しい表示をしている信頼できる店舗です。
  • 広告募集中
  • 広告募集中
  • 広告募集中
  • 広告募集中
 ALL JAPAN MEAT INDUSTRY CO-OPERATIVE ASSOCIATIONS.全国食肉事業協同組合連合会

サイトマップ サイトポリシー お問い合わせ ホーム

東京都港区赤坂6-13-16アジミックビル8F / TEL 03 (3582) 1241( 代)