特集 :  全国のお肉屋さん紹介

下仁田ミート株式会社 安中店

下仁田ミート株式会社 安中店
   代表 上原 正
   群馬県安中市板鼻136-1 ≪Map
   TEL 027(382)4129   FAX 027(382)6912
   http://shimonita-meat.jp/

店舗写真

 素材の良さをお客様に伝えるため、短時間で衛生的に豚肉を処理し販売。 新鮮で良質な豚肉を提供するシステムを確立した、高品質と安全性にこだわり続ける生産・加工・販売の一貫システム。 六次産業の草分けとして生産から加工・販売までをトータルに行い、より高品質な食品を提供している下仁田ミートは、それぞれの分野において専門化されたシステムを持ち、一社では不可能な事を可能にする力を持ち合わせている。 食生活が豊かになり、本物志向への関心が高まるなか、「命とくらしを守る」食品の重要さを認識し、「美味しさと安全性」にこだわり続けることでお客様からの力強い支持を得ている。 下仁田ポークは「安心・安全・おいしさ」をお客様に提供するために、飼養管理を徹底し清潔な豚舎で、厳選された配合飼料を与えた、おいしく健康な豚。味の特徴としては、脂肪に甘味があり、くさみが少ないこと。 現在、繁殖・肥育の一貫経営で安中市・吾妻町の2ヵ所に養豚場があり、母豚1,450頭を飼育し、年間29,000頭の肉豚を生産出荷。自社生産された肉豚を自社のカット工場で枝肉から部分肉にカットし、生協や地元スーパー・食堂に卸売りし、直売店では直接消費者に販売。 設立以来、「地場生産=地場消費」の方針で生産直売を行っている。 『下仁田ポーク』の名称由来は、会社発祥の地である下仁田町からとった下仁田ミート株式会社のオリジナル豚肉と言う意味。下仁田ミート株式会社 安中店食肉・惣菜全般食品の重要さを認識し美味しさと安全性にこだわり続ける12 13全国のお肉屋さん成功事例集「下仁田ポーク」自社で育てた豚肉で、やわらかな赤身と甘みのあるさっぱりとした脂身が特徴。また、下仁田ポークを使った焼売・メンチカツなどの惣菜も人気。


●立地・沿革
JR信越本線群馬八幡駅から徒歩30分、国道18号線沿い。


●.店舗の沿革・歴史
昭和36年、甘楽郡下仁田町にて養豚経営を組合員5名の共同経営で発足。昭和38年9月、豚肉直売を行うため下仁田養豚有限会社を設立。昭和51年12月、下仁田ミート株式会社を設立。現住所にて安中店開店。


●主な客層・販路
年齢層は20代〜70代。男女別は女性60%、男性40%。職業別は専業主婦30%、勤め人40%、学生・飲食店30%。店頭売り60%、配達・納め30%、その他10%。対面・計量販売、対面・パック販売。



●品揃え
生鮮牛肉は上州牛10アイテム。生鮮豚肉は下仁田ポーク20アイテム。
生鮮鶏肉は国産全般10アイテム。その他生鮮食肉は馬刺、ラム、合鴨5アイテム。自家製造ハム・ソーセージ10アイテム。自家製惣菜10アイテム。メンチカツ、コロッケ、焼豚、焼売、ハンバーグ、焼肉の生たれなど。





≪ 店舗内 ≫

店舗内・商品画像


店舗図


≪ 目玉商品 店舗内間取り ≫

アクセス・地図


掲載一覧

 全肉連は、「食肉小売機能高度化推進事業(小売機能高度化の推進)」で、全国の食肉専門小売店で食肉加工製造や惣菜等の商品開発などで経営強化に成功している事例を取りまとめました。引き続き、多くの事例を紹介してまいります。

≪掲載店舗一覧≫

  • 社団法人 全国食肉学校 〜新鮮力で即戦力、食肉のプロを養成します。
  • 一般財団法人 畜産環境整備機構
  • 新時代の食肉流通拠点・情報発信基地! 公益財団法人日本食肉流通センター
  • 公益財団法人日本食肉消費総合センターは、食肉に対しての正しい情報をお伝えいたします。
  • 一般社団法人 食肉科学技術研究所(食肉科研)は、食肉・食肉製品などの検査・研究機関です。
  • 栃木で「和豚もちぶた」を取り扱う関口肉店公式サイト
  • 社団法人 日本食肉協会  関連情報はこちら
  • 全国食肉公正取引協議会 「適正表示ステッカー」を掲示している店舗は、正しい表示をしている信頼できる店舗です。
  • 広告募集中
  • 広告募集中
  • 広告募集中
  • 広告募集中
 ALL JAPAN MEAT INDUSTRY CO-OPERATIVE ASSOCIATIONS.全国食肉事業協同組合連合会

サイトマップ サイトポリシー お問い合わせ ホーム

東京都港区赤坂6-13-16アジミックビル8F / TEL 03 (3582) 1241( 代)